2011-01-31

滝行と不動明王と上州スイーツ


先日浅間隠山ハイキングの折、デジカメを車のドアに挟み液晶が割れてしまい、2万円という予算で一眼レフが買えたので、シャッターを切りたくタイミング良く、以前に参加した滝行にスタッフが参加すると言うことで出発しました。


後方、中央は榛名山


前方、谷川方面、凄い雪雲。。。


路面凍結中。


現地に到着しました。上の写真もそうですが、
対岸の日当たりをよそにとても陰(いん)な感じがします。


こちらは打って変わって利根川と陽(よう)な快晴です。


撮影場所がないかも。。。


陰陽の交わる入口に到着です。


陰影のある木立を抜けて

  

カッコいい薪置き場を横目に




滝に向かいます。
が、望遠レンズ装着のライバルがすでに


ここにも


川の中にも。。。 


しかし、望遠レンズのない私もなんとかポジションをゲットし
試し撮り。


全景


ズームで滝壺

おおっ~思っていた以上にイイっ!


こんなのがあればなぁ・・・

滝の飛沫を受け、目をさまし周囲に視界を移します


飛沫が凍ってつららになっています。 すると・・・


先達の浅川さんに導かれ、行者(修行をする者)











一度目が終わり。。。


再度始まります。この辺りでアングルを変えたくなり


移動








経験者は更に行を積みます。


するとパチパチといい音がするので横目で見ると焚き火!!
その前に立ち、暖を取りながらいると、ぞくぞくと行者が不動尊に戻って来ます。






小浦義和、首が出過ぎ



ということで無事に行が終わりますが、さすがに・・・


寒い。肌が赤くなっています


七施精舎 浅川先達


ありがとうございました。



とここで次なる不動明王に逢いにハシゴです。
その、不動明王は同じく旧赤城村にある宮田不動尊です。

同じく1月28日は、鎌倉時代に建造された不動明王像が御開帳されます。
お香の佐藤先生から、大きさもあり迫力があると伺っていたので
楽しみにしていました。そこへ移動する時にとあるお店に吸い込まれるように入りました。


上州スイーツの焼きまんじゅうです。根っからの群馬県人の私ですが
3本指に確実に入る旨さです。



店内に入るとおねえさんが二人で切り盛りしています。
県外の方からよく「なんであんこが入ってないのですか?!」
と言われますけど、ここは、あん入りがあります。

注文したあと、白菜とお茶を頂いて


店内をキョロキョロすると


6人居た頃のスマップ(笑)タイのアイドルのようです。








来ました、もちろん炭火でハイパーもっちりです。
お味は、書くまでもないです、ハイ。

そこから3分程で宮田不動尊に到着。やはり階段です。ここは結構な勾配があります。
登り上げて振り返ると再び利根川が見えます。



堂に接している大きな岩の中に不動明王が奉られています。



お参りに来た方の行列に並び待っています。



いよいよ自分の番になりましたが、ちょっと物怖じしてしまい、ピンボケはさすが素人。



と一日で300枚撮ったのは過去最高。が、
数より質ですね・・・